cha-mix雑記ブログ

チャンポン 混在 溶け合う 調合 良いものをブレンドしながら創りあげる

未分類

魅惑のムード歌謡ショー

 未練が募る甘く切ない恋、男と女、グラス片手に語り合った夢、儚く消えた大人の恋・・

 銀色に黒縁タキシード&蝶ネクタイ、髪は薄くなってはいるが昔は粋なプレイボーイ、キラキラ光り輝く素敵なロングドレス、カーテンを纏ったかのようなドレス、盛髪で上げ底ヒール・・緊張で転ばないか冷や冷やした。

 昨夕、町の公民館ホールでのチャリティー歌謡ショーに、オバチャン 3人とオッサンの私、計4人で観てきました。ナツメロ歌謡教室の先生をしている知人から、タダでもらったチケットが有り日曜の夕方、「ちびまるこちゃん」が観たい オッサン も半強制的に運転手として連れ出された。

 オッサンのイメージ通り、キラキラ光り輝くきらびやかさで、照明が薄暗く華やかな衣装を纏った、60~80代の熟年の男女が次々、入れ替わり立ち替わり自慢の喉とパフォーマンスを披露、ミラーボールこそ無かったが、日頃のレッスンの発表会なんだろうか、孫やレッスン仲間らしき観客が 、 声援や写真・動画をとって学芸会のような雰囲気でとても和やかな世界でありました。

 小林幸子、天童よしみ、秋本順子、石原裕次郎ほか約30ほどの演目、オッサンはおしりが痛くて大変な思いだったが、さすがに観客も熟年の方々が多く、出入り口がヒッキリナシに空いて、用を足しに行くには気を遣わなくて助かった。

 なぜか、ひねくれ者のオッサンは、歌がうまい方をみても良いなーとは感じきれないところがあり、緊張している出演者や滑稽な姿をする人に興味がある。宴半ば頃やっと新鮮な感動が訪れた、C&Kの「Y」を女子中学生が披露してくれた。はじめて聴いた曲であったがカスレ声なのに、しっかりした音程で高音域は出ないかもと思ったが、真剣に歌っていて感動した。続いて登場した小学低学年の女の子が「井上あずみ/君をのせて」を爽やかに歌い上げ、ドロドロとした恋い模様で薄暗さが増していた会場を、使い古した言葉だが、「一服の清涼剤」がとても当てはまるように、 一気に雰囲気を変えてくれた。

 後半は怒濤のごとく、 再び熟年組の懐メロの嵐、さらに着物姿でお色気ムンムンの日本舞踊が現れ、琴の音色が響き渡ったかと思うと、?「雨を見たかい/CCR」サザンの桑田さんのような歌い方、を期待したが英語は上手いかも知れないが、音が外れまくりの普段着のおじ様が、自慢げにシャウトした時には「早く引っ込んでくれー!」と真剣に思った!

 歌には喜びあり、悲しみあり、人それぞれの人生が込められています。そしてまた、歌うことによって、生きる喜びが実感されることと思います。と何かで読んだ、日頃のレッスンの成果を出し切った方、緊張のあまり実力を出せなかった方にも拍手を送りたいと思いました。お疲れ様でした。帰り際チケットを下さった方に、挨拶し帰り支度をしたオッサンに「2週間後にも那覇のパレット久茂地でまたやるので来てよ!」ひぇー~もう充分です~また来年にでも、と逃げるように帰った・・・

 

コメントを残す

Theme by Anders Norén